ふるさと歳時記

9月 阿と吽の
仁王の肩に
ある残暑
9月18日(土)~12月5日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 開館25周年記念「和巧絶佳(わこうぜっか)展 -令和時代の超工芸」
  グローバル時代をむかえ、私たちをとりまく物の均質化が進むなか、日本各地で育まれてきた工芸や手仕事が独自の表現を生みだす資源として見直されています。工芸というジャンルにとらわれるこ となく、素材を用い、技法を駆使して工芸美を探求する本展の出品作家の取り組みは、人と物との関係を問い直すとともに、手仕事の可能性の広がりを予感させます。
 本展覧会では、日本の美意識に根ざした工芸的な作品によって、いま最も注目されている1970年以降に生まれた作家12人を紹介します。
 展覧会名の「和巧絶佳」は、現在の日本における工芸的な作品の三つの傾向――日本の伝統文化の価値を問い直す「和」の美、手わざの極致に挑む「巧」の美、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」 ―― を組み合わせた言葉です。この展覧会は、現在の日本の工芸の新しい兆候を示すだけでなく、これまで受け継がれてきた日本の手仕事の可能性を考える機会となることでしょう。
 
      


舘鼻則孝《 Heel-less Shoes 》
2014年、個人蔵
©2021 NORITAKA TATEHANA K.K.

      


高橋賢悟《flower funeral -goat-》
2019年、個人蔵
撮影:橋本憲一


  会期中のイベントとして、講演会や対談会、ヒールレスシューズ試着体験会が行なわれます。
  また、リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
9月18日(土) パルスプラザ SKYふれあいフェスティバル
 明るい長寿社会となるよう健康や生きがいづくりについて、考え・学び・体験できる、子供から高齢者までみんなが楽しめる催しです。
 OFGも活動状況を紹介展示しています。
 今年は中止されます。  




10月 山城(やまじろ)
城跡明ら
天高し
12月5日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 開館25周年記念「和巧絶佳(わこうぜっか)展 -令和時代の超工芸」
  グローバル時代をむかえ、私たちをとりまく物の均質化が進むなか、日本各地で育まれてきた工芸や手仕事が独自の表現を生みだす資源として見直されています。工芸というジャンルにとらわれるこ となく、素材を用い、技法を駆使して工芸美を探求する本展の出品作家の取り組みは、人と物との関係を問い直すとともに、手仕事の可能性の広がりを予感させます。
 本展覧会では、日本の美意識に根ざした工芸的な作品によって、いま最も注目されている1970年以降に生まれた作家12人を紹介します。
 展覧会名の「和巧絶佳」は、現在の日本における工芸的な作品の三つの傾向――日本の伝統文化の価値を問い直す「和」の美、手わざの極致に挑む「巧」の美、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」 ―― を組み合わせた言葉です。この展覧会は、現在の日本の工芸の新しい兆候を示すだけでなく、これまで受け継がれてきた日本の手仕事の可能性を考える機会となることでしょう。
 
      


深堀隆介《金魚酒 命名 伽琳》
2016年、個人蔵

      


安達大悟《つながる、とぎれる、くりかえす》
2020年、作家蔵


  会期中のイベントとして、講演会や対談会、ヒールレスシューズ試着体験会が行なわれます。
  また、リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
10月15日(金) 11月19日(金) 天王山周辺 秋の天王山ウォーキング2021
   
  秋の天王山ウォーキング2021は中止になりました。