ふるさと歳時記

2月 待庵や
利休の声か
笹鳴か
2月25日(日)まで アサヒグループ大山崎山荘美術館 「藤田嗣治 心の旅路をたどる―手紙と手しごとを手がかりに」
 明治の日本から単身渡欧し、エコール・ド・パリの代表的な画家として活躍した藤田嗣治(つぐはる)(レオナール・フジタ、1886-1968)。日本画の技法を油彩画に融合させて編み出した独自の画風で「乳白色の肌」と絶賛された裸婦や猫の主題は人気を博し、また彼自身の個性的な風貌や言動でも一世を風靡しました。第二次世界大戦中の日本では作戦記録画の制作にも関わりますが、戦後は日本画壇と縁を絶ってフランスへ帰化、カトリックに改宗して、彼の地に骨を埋めました。
 数奇な人生を歩んだ藤田ですが、その名声と本人による巧みな印象操作によって、彼の人となりやその時々の心もちは、いまだ謎に包まれたままです。本展では、藤田が親しい人々に送った手紙や、生涯を通じて作りつづけた「手しごと」ともいうべき木工細工、妻のために遺した作品などを通じて、彼の人生とその心の旅路をたどることを試みます。

      


ニューヨークのスタジオでポーズをとる藤田、1930年頃

      


ポスタービジュアル


  リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒグループ大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒグループ大山崎山荘美術館のpress releaseから抜粋
  Copyright © ASAHI GROUP OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
2月3日(土) 宝積寺
小倉神社
節分会・節分祭
  宝積寺:星供(1月27日~2月3日)の結願日(2月3日)に節分会が午後2時から行われます。1,280余年以上続く伝統の追儺式と福豆撒きを行います。
 小倉神社:追儺や豆撒きが行われます。福豆授与や甘酒の接待もあります。
2月11日(祝・日) 小倉神社 紀元祭
  各地区で伝統宮座神事が行われます。円明寺座を中心とする右座が鬼除け弓神事を行います。
2月17日(土) 大山崎ふるさとセンター 大山崎ふるさとガイドの会 歴史講演会
「ふるさとの文化財~宝積寺・大念寺を中心として~
 ◆開催日時:2月17日(土) 13:30~15:30頃
 ◆講師:加藤善朗氏(京都西山短期大学学長)
 ◆参加費:無料
 ◆事前申し込み:不要
詳細は、
 



3月 たんぽぽの
ぽぽぽと咲(わら)
観音寺
3月9日(土)~5月12日(日)まで アサヒグループ大山崎山荘美術館 「蘭花譜と大山崎山荘 大大阪時代を生きた男の情熱
 今年は、大山崎山荘を造った加賀正太郎が没してから70年にあたります。彼は近世から近代にわたり経済の中心地として発展した船場に生まれ、大大阪(だいおおさか)時代のただなかで活躍した実業家でした。その業績のひとつに、ニッカウヰスキーの前身である大日本果汁株式会社設立への貢献があげられますが、奇しくも本年はニッカウヰスキー創立から90年を迎える年でもあります。
 本展では、加賀正太郎の足跡をたどるとともに、彼が後世に残した貴重な財産である大山崎山荘と『蘭花譜』を広く紹介しています。『蘭花譜』(1946年発行)とは、加賀正太郎が自ら育てた蘭をモチーフに監修・制作した木版画83点、カラー図版14点、単色写真図版7点の104点で構成される植物図譜です。なかでも木版画の美しい色彩や技法は、美術品としても高い評価を得ています。
 若き実業家が大山崎の地に咲き誇らせた、蘭と文化の香りに思いをはせるとともに、大大阪と呼ばれた時代のダイナミズムを感じてください。

      


『蘭花譜』No.40
パフィオペディルム・キング・アルバート
アサヒグループ大山崎山荘美術館蔵

      


『蘭花譜』No.72
レリオカトレヤ・ペレウス「オオヤマザキ」
アサヒグループ大山崎山荘美術館蔵


  会期中、蘭や蘭花譜についての講演会や蘭の展示即売会などが行われます。
  リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒグループ大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒグループ大山崎山荘美術館のpress releaseから抜粋
  Copyright © ASAHI GROUP OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
3月23日(土) 大山崎町桂川沿い 水辺の散策2024

  大山崎町は桂川・宇治川・木津川の3つの川が淀川になる三川合流の町です。サクラが咲いている桂川に沿って歩きながら、昔の渡し跡や史跡をご案内します。(先着100名様)

 詳細は 、申し込みは2月15日からWebサイトまたは往復はがきで。
ガイド風景