ふるさと歳時記

12月 賓頭盧(びんずる)
軒へ霙(みぞれ)
容赦なく
 
12月5日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 開館25周年記念「和巧絶佳(わこうぜっか)展 -令和時代の超工芸」
 グローバル時代をむかえ、私たちをとりまく物の均質化が進むなか、日本各地で育まれてきた工芸や手仕事が独自の表現を生みだす資源として見直されています。工芸というジャンルにとらわれるこ となく、素材を用い、技法を駆使して工芸美を探求する本展の出品作家の取り組みは、人と物との関係を問い直すとともに、手仕事の可能性の広がりを予感させます。
 本展覧会では、日本の美意識に根ざした工芸的な作品によって、いま最も注目されている1970年以降に生まれた作家12人を紹介します。
 展覧会名の「和巧絶佳」は、現在の日本における工芸的な作品の三つの傾向――日本の伝統文化の価値を問い直す「和」の美、手わざの極致に挑む「巧」の美、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」 ―― を組み合わせた言葉です。この展覧会は、現在の日本の工芸の新しい兆候を示すだけでなく、これまで受け継がれてきた日本の手仕事の可能性を考える機会となることでしょう。
 
      


山本茜《截金硝子香合「無我」》
2016年、個人蔵
©T. MINAMOTO

      


佐合道子《とこしえ》
2019年、作家蔵
写真提供:池田ひらく


  リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
12月4日(土) 大山崎ふるさとセンター 大山崎ふるさとガイドの会 歴史講演会
第1回「近江南部の戦国大名 六角氏について」
 ◆開催日時:12月4日(土)13:30~
 ◆講師:新谷 和之氏(近畿大学文芸学部文化・歴史学科 准教授)
 ◆開催場所:ふるさとセンター3階ホール
 ◆参加費:無料
 ◆定員:40名。申込者多数の場合は抽選。
      申込方法など詳細は をご覧ください。
 ◆主催・問い合わせ
   大山崎ふるさとガイドの会
   〒618-0071
   京都府乙訓郡大山崎町大山崎竜光3 大山崎町歴史資料館内
   TEL:075-952-6288
12月16日(木) 観音寺(山崎聖天) 納め聖天
  今年最後のご縁日です。
12月18日(土)~2022年3月6日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 開館25周年記念「みうらじゅん マイ遺品展」
 本展では「マイブーム」、「ゆるキャラ」などの命名者であり、イラストレーター、漫画家、エッセイスト、ミュージシャンなど幅広く活躍するみうらじゅん氏が、長年にわたり収集・制作し、自ら「マイ遺品」と名づけた品々を、みうら氏の出身地である京都の地で一挙に公開いたします。
 登録有形文化財である築100年を超える大山崎山荘(本館)および、安藤忠雄氏設計の地中館・山手館からなる特色ある空間と、みうら氏の独自の視点、感性が光る「マイ遺品」の数々とが織りなす調和をお楽しみください。
 
      


遺影(MYRELICS) (1)

      


ヤシやん


  みうらじゅん氏のトークショウが行なわれます。(要申し込み)
  2階喫茶室では「カフェ企画」として、みうら氏のイラストを焼印にして押した特製どら焼きと飲物のセットが提供されます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
12月25日(土)、26日(日) 桜の広場(観音寺の下) 正月用青竹の販売
  大山崎竹林ボランティアによる、迎春用の青竹花器などの販売です。長さや形などのご希望にも応じます。
  各日午前10時から午後2時まで。(小雨決行)
12月31日(金) 観音寺、
宝積寺、
大念寺
除夜の鐘
  大晦日の除夜の鐘を撞かせていただけます。詳細はそれぞれの寺院に問い合わせてください。
  観音寺:075-956-0016
  宝積寺:075-956-0047
  大念寺:075-956-0762




1月 凛たるや
楷書くろぐろ
お書初め
3月6日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 開館25周年記念「みうらじゅん マイ遺品展」
 本展では「マイブーム」、「ゆるキャラ」などの命名者であり、イラストレーター、漫画家、エッセイスト、ミュージシャンなど幅広く活躍するみうらじゅん氏が、長年にわたり収集・制作し、自ら「マイ遺品」と名づけた品々を、みうら氏の出身地である京都の地で一挙に公開いたします。
 登録有形文化財である築100年を超える大山崎山荘(本館)および、安藤忠雄氏設計の地中館・山手館からなる特色ある空間と、みうら氏の独自の視点、感性が光る「マイ遺品」の数々とが織りなす調和をお楽しみください。
 
      


みうら氏 (1)

      


ツッコミ如来立像


  2階喫茶室では「カフェ企画」として、みうら氏のイラストを焼印にして押した特製どら焼きと飲物のセットが提供されます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
1月1日(土) 酒解神社、離宮八幡宮小倉神社 初詣・歳旦祭・元旦祭
  大晦日から元旦にかけてお神酒やお餅の接待が行われる神社もあります。
山麓から酒解神社までの道に照明が点けられます。
1月8日(土) 小倉神社 射礼神事
  鬼と書いた的に矢を射る鬼除けの神事です。1月は友岡を中心とする左座が、2月は円明寺を中心とする右座が行います。
1月7日(金)・16日(日) 小倉神社、離宮八幡宮 左義長・とんど祭
  古い神札や正月飾りを焼納します。
小倉神社は7日から16日まで、離宮八幡宮は16日午後2時から行われます。
1月16日(日) 観音寺(山崎聖天)
初聖天
  令和4年最初のご縁日です。福ぜんざいの接待もあります。