ふるさと歳時記

9月   鈴虫の
    声明絶えず
            閻魔堂
カマキリ
9月16日(土)〜12月10日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 「有元利夫展-物語をつむぐ」
 有元利夫(1946-1985)は、1978年に具象洋画の登竜門であった安井賞展において、《花降る日》でこの年のみの特別賞となった安井賞選考委員会賞を受賞。さらに81年の同展で大賞である安井賞を受賞し、将来に大きな弾みをつけました。しかしながらその4年後、この世を去ります。1975年の初個展からわずか10年の画業、38歳という芸術家としての大輪の花を開かせる途上のことでした。しかし、その独特の存在感あふれる絵画・版画などの作品は、多くの人に愛され、没後30年を経た現在、ますますその評価を高めています。
 本展覧会では、有元利夫の絵画をはじめ、版画や立体も含めた主要作品およそ50点をご紹介します。その他常設展示では、クロード・モネ《睡蓮》や民藝運動ゆかりの陶磁器も合わせてご覧いただけます。
 
花降る日        室内楽


有元利夫《花降る日》 1977年
三番町 小川美術館蔵
© Yoko Arimoto

      


有元利夫《室内楽》 1980年
東京国立近代美術館蔵
© Yoko Arimoto


  講演会やギャラリートーク、アサヒ ラボ・ガーデンとの提携企画等のイベントも予定されています。
  また、リーガロイヤルホテル京都が考案した期間限定の2種類の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
9月16日(土)、17日(日) パルスプラザ SKYふれあいフェスティバル
 明るい長寿社会となるよう健康や生きがいづくりについて、考え・学び・体験できる、子供から高齢者までみんなが楽しめる催しです。
 OFGも活動状況を紹介展示しています。




10月   鶺鴒の
    囃す戦や
            小畑川
シャロン
12月10日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 「有元利夫展-物語をつむぐ」
 有元利夫(1946-1985)は、1978年に具象洋画の登竜門であった安井賞展において、《花降る日》でこの年のみの特別賞となった安井賞選考委員会賞を受賞。さらに81年の同展で大賞である安井賞を受賞し、将来に大きな弾みをつけました。しかしながらその4年後、この世を去ります。1975年の初個展からわずか10年の画業、38歳という芸術家としての大輪の花を開かせる途上のことでした。しかし、その独特の存在感あふれる絵画・版画などの作品は、多くの人に愛され、没後30年を経た現在、ますますその評価を高めています。
 本展覧会では、有元利夫の絵画をはじめ、版画や立体も含めた主要作品およそ50点をご紹介します。その他常設展示では、クロード・モネ《睡蓮》や民藝運動ゆかりの陶磁器も合わせてご覧いただけます。
 
7つの音        テアトル


有元利夫《7つの音》 1984年
三番町 小川美術館蔵
© Yoko Arimoto

      


有元利夫《テアトル》 1981年
三番町 小川美術館蔵
© Yoko Arimoto


  ギャラリートーク等のイベントも予定されています。
  また、リーガロイヤルホテル京都が考案した期間限定の2種類の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
10月21日(土)〜11月26日(日) 大山崎町歴史資料館 第25回企画展「千利休とその周辺」
  天王山山頂に山崎城を構築した羽柴(のちに豊臣)秀吉は、堺衆の千利休らとともに大山崎で茶会を開き、彼らと緊密な関係を結んで行きました。
今回、堺衆をはじめとする利休と周辺の人物を取り上げ、当時の茶湯をめぐる人間関係を考えます。
  11月には、関連テーマの講演会や現地見学会が開催されます。  
10月21日(土) 天王山周辺 秋の天王山ウォーキング2017
 今年も恒例の天王山ウォーキングを開催いたします。
 登山コースと山麓コースに分かれていますので、体力に合ったコースをお選びください。ゴールはサントリー〈天然水のビール工場〉京都ブルワリーです。
 詳細はウォーキング詳細(PDFファイル)をご覧下さい。
 ★コース:(A) 登山コース  (B) 山麓コース
      ビール工場見学は事前申し込み制で、先着180名様です。
      往復ハガキのみの受付となっています。
      お申し込み時点で既に定員に達している場合があります。
 ★時間:9時15分〜10時に受付後、順次出発。
     解散は午後3時30分から4時30分頃。
 ★費用:500円(中学生以下は無料)