ふるさと歳時記

8月 待宵の
鐘一入(ひとしほ)
盆の月
アサガオ
         
9月1日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 「ジョアン・ミロの彫刻 ―夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション」
 バルセロナで生まれたジョアン・ミロは、故郷の自然を背景に、鳥、女性、星などをモチーフに作品を制作し独自の境地をひらきます。90歳で生涯を終えるまで奔放な表現の世界を探求しつづけ、20世紀を代表する作家となりました。画家としてひろく知られるミロですが、絵画ばかりでなく、さまざまな分野で精力的に活躍しました。1944年以降、彫刻を積極的に手がけ、すぐれた作品を数多く生みだしています。
  本展ではアサヒビール大山崎山荘美術館所蔵の彫刻作品14点を一挙に公開し、絵画作品も加え、「鳥」、「女性」、「人物」などとりわけ作家が好んだ主題について掘り下げながら、いきいきとしたミロの芸術の魅力を紹介しています。
 
頭と鳥        女性


《頭と鳥》
1971年 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
© Successió Miró /
ADAGP, Paris & JASPAR,
Tokyo, 2019 G1765

      


《女性》
1971年  アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
© Successió Miró /
ADAGP, Paris & JASPAR,
Tokyo, 2019 G1765


  学芸員によるギャラリートークも行なわれます。
  また、リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
8月6日(火)~25日(日)大山崎町歴史資料館研修室「小企画展 平和のいしずえ展」
 アジア太平洋戦争時の資料から、平和の尊さを考えます。
8月16日(金) 観音寺(山崎聖天) ご縁日 氷接待
 歓喜天のご縁日です。毎年8月には、かき氷の接待が行われます。
8月16日(金) 宝積寺(宝寺) 行燈供養 行燈供養(精霊会)
 仁王門からの参道の両脇に灯されたろうそくの光の中に本堂が浮かびあがり、境内が幽玄な趣にあふれます。閻魔堂では精霊会法要が営まれます。午後7時頃から始まります。




 
9月 光秀の
郷はいづくや
桔梗濃し
コスモス
  
9月14日(土)、15日(日) パルスプラザ SKYふれあいフェスティバル
 明るい長寿社会となるよう健康や生きがいづくりについて、考え・学び・体験できる、子供から高齢者までみんなが楽しめる催しです。
 OFGも活動状況を紹介展示しています。
9月16日(月・祝) 大山崎ふるさとセンター 令和元年度 歴史資料館
連続講演会「記憶の中の秀吉・光秀-江戸時代の武将伝承」

第1回「光秀最期の地、小栗栖」
 山崎合戦で敗れた光秀は、逃走中に京都市伏見区小栗栖において殺害された。実際に殺害した小栗栖村の地域住民たちは、近世期どのようにこれを伝えてきたのか。小栗栖村の歴史をたどりながら、光秀の伝説を紹介する。
 ダイゴリアは京都市伏見区醍醐における地域研究会。
 ◆開催日時:9月16日(月・祝) 13:30~15:30
 ◆講師:谷口 拓氏(ダイゴリア代表)
第2回「長浜城下町と豊臣秀吉の伝承」(仮)
 滋賀県長浜城下町は、羽柴(豊臣)秀吉が築いた城下町である。秀吉は長浜住民の都市特権を付与したが、こうした秀吉の権威を盾に江戸時代以降も都市特権を守り続けた都市住民の活躍を取り上げる。
 ◆開催日時:10月6日(日) 13:30~15:30
 ◆講師:太田 浩司氏(長浜市役所文化財専門監)
第3回「大山崎の都市民と豊臣秀吉・豊国社」
 ◆開催日時:10月26日(土) 13:30~15:30
 ◆講師:福島 克彦氏(大山崎町歴史資料館館長)
いずれも
 ◆開催場所:ふるさとセンター3階ホール
 ◆参加費:無料
 ◆事前申込み:不要
 ◆問い合わせ:大山崎町歴史資料館 TEL:075-952-6288