ふるさと歳時記

2月   梅一輪の
    されば菅家の
             心映え
梅に鶯
2月24日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 「澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展」
 江戸時代、女性たちは身分や職業によって服装や装飾品を規制されていました。しかし、そのような制限のなかで、女性たちは髪飾りに個性を求め、職人が創意工夫をこらした多種多様な櫛やかんざしで自らを飾り、おしゃれを楽しんでいました。
  東京都青梅市にある澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園に生まれ、舞妓となり、後に東京で料亭の女将として多くの人を魅了した岡崎智予が収集した作品が所蔵されています。所蔵品には、文化が爛熟し工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものをはじめ、尾形光琳、酒井抱一、原羊遊斎ら高名な美術家による逸品も含まれています。素材には鼈甲、象牙、金、銀、ガラス、技法においては蒔絵、透かし彫り、螺鈿、切り子などが幅広く用いられ、また、モチーフも四季の植物から人物、風景、民話や日本地図といった一風変わったものまであり、非常にバラエティに富んでいます。
  本展では、日本の工芸の粋を凝縮した櫛、かんざしとともに、当時の風俗を伝える浮世絵をあわせた約300点をご紹介します。
 
桜花文様象牙櫛・簪・笄        当勢三十二想 酔が覚相


《桜花文様象牙櫛・簪・笄》
江戸時代 澤乃井櫛かんざし美術館蔵

      


一鶯斎国周《当勢三十二想 酔が覚相》
1869年 ポーラ文化研究所蔵


  学芸員によるギャラリートークも行なわれます。
  また、リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
2月3日(日) 宝積寺
観音寺(山崎聖天)
小倉神社
節分会・節分祭
  宝積寺:星供(1月27日〜2月3日)の結願日(2月3日)に節分会が午後2時から行われます。1,280余年以上続く伝統の追儺式と福豆撒きを行います。
 観音寺(山崎聖天):麹甘酒のお接待があります。
 小倉神社:追儺や豆撒きが行われます。福豆授与や甘酒の接待もあります。
2月11日(祝・月) 小倉神社 紀元祭
  各地区で伝統宮座神事が行われます。円明寺座を中心とする右座が鬼除け弓神事を行います。
2月16日(土) 観音寺(山崎聖天) 粕汁お接待
  2月14日と15日に行われる厳冬祭のお供えを使った粕汁の接待が行われます。




3月  平成の
   御世末なれど
        野焼きの香
野焼き
3月2日(土) 宝積寺 写経と散策
  宝積寺にて写経(般若心経または理趣経(百字の偈))を行っていただいた後、約1〜2時間の散策をお楽しみ下さい。事前申し込みが必要です。
  

  ◆開催日時:3月2日(土) 午前10時〜午後3時30分頃
  ◆募集人員:先着80名
  ◆参加料:1,000円(納経料)
 ◆受付期間:2月23日(土)まで
 ◆写経後の散策
   Aコース:旗立松→酒解神社→天王山山頂→観音寺
   Bコース:アサヒビール大山崎山荘美術館(庭園のみ)〜観音寺
 ◆問い合わせ:大山崎町歴史資料館内 大山崎ふるさとガイドの会
              TEL:075-952-6288
申し込み方法など詳細はここをご覧ください。

 
3月5日(火)〜3月21日(木・祝) 大山崎町歴史資料館 小企画展「描かれた山崎合戦」
  天正10年(1582)6月、羽柴秀吉は山崎の合戦で明智光秀を破り、天下統一を引き寄せました。江戸時代に描かれた錦絵や古地図から、山崎合戦を考えます。
  歴史講演会や古文書講座も開かれます。
第1回 歴史講演会 「足利義昭政権論」
 ◆開催日時:3月16日(土)13:30〜
 ◆場所:大山崎ふるさとセンター3Fホール
 ◆講師:川元奈々氏(高槻市立しろあと歴史館)
第2回 歴史講演会 「織田から豊臣へ −京都をめぐる1580年代の政治史」
 ◆開催日時:3月21日(木・祝)13:30〜
 ◆場所:大山崎ふるさとセンター3Fホール
 ◆講師:尾下成敏氏(京都橘大学)
古文書講座 「『太閤記』から山崎合戦を読む」
 ◆開催日時:3月10日(日)13:30〜
 ◆場所:大山崎ふるさとセンター3Fホール
 ◆講師:福島克彦氏(大山崎町歴史資料館)
  ◆申し込み:大山崎町歴史資料館へ電話または来館
  ◆受講料:100円(資料代)
  上記の問い合わせ・申込み:大山崎町歴史資料館
      〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎竜光3
                  大山崎ふるさとセンタ−2階
      電話 075-952-6288  FAX 075-952-6289
 
3月30日(土) 大山崎町桂川沿い 水辺の散策
  大山崎町は桂川・宇治川・木津川の3つの川が淀川になる三川合流の町です。
  サクラが咲いている桂川に沿って歩きながら、昔の渡し跡や史跡をご案内します。
  

  ◆開催日時:3月30日(土) 午前9時15分〜午後3時30分頃
  ◆参加料:300円(歴史資料館入館料・傷害保険料及び資料代)
 ◆受付期間:3月23日(土)<消印>まで
 ◆コース:大山崎町歴史資料館〜山崎の渡し跡〜桂川早瀬〜
         狐の渡し跡〜淀川河川公園(残念石)〜山崎合戦場跡〜
         光秀本陣跡(解散)
 ◆問い合わせ:大山崎町歴史資料館内 大山崎ふるさとガイドの会
              TEL:075-952-6288
申し込み方法など詳細はここをご覧ください。