ふるさと歳時記

2月 天王山
そこに展がる
早春譜
カニ
3月8日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 「清宮質文展 -限りなく深い澄んだ空気」
 清宮質文は画家、版画家の清宮彬の長男として東京に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で油彩画を学びます。卒業後、美術教師や商業デザイン会社勤務を経て、1953年ころから画業に専念するようになり、以降、本格的に版画やガラス絵を制作しました。その静謐で詩情に満ちた画風は高く評価され、今でも多くの人々を魅了してやみません。
 本展は関西ではじめて、その画業の全貌を紹介する貴重な機会となります。版画家として広く知られる清宮ですが、ガラス絵の作品にも焦点をあて、心の奥底へ深くしみ渡っていくような清宮質文の芸術の魅力を紹介しています。
 会期中、前後期で展示替えが行われます。前期:12月14日(土) ~ 2020年1月26日(日)、後期:2020年1月28日(火) ~ 3月8日(日)  
蝶        夕日と猫


清宮質文 《蝶》
1963年 木版画
茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】

      


清宮質文 《夕日と猫》
1979年 木版画
茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】


 新型肺炎感染拡大防止の観点から2月22日(土)より
当面の間、臨時休館しています。


  展覧会開催中の第2・第4土曜日は、学芸員によるギャラリートークが行なわれます。
  また、リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
2月3日(月) 宝積寺
観音寺(山崎聖天)
小倉神社
節分会・節分祭
  宝積寺:星供(1月27日~2月3日)の結願日(2月3日)に節分会が午後2時から行われます。1,280余年以上続く伝統の追儺式と福豆撒きを行います。
 観音寺(山崎聖天):麹甘酒のお接待があります。
 小倉神社:追儺や豆撒きが行われます。福豆授与や甘酒の接待もあります。
2月11日(火・祝) 小倉神社 紀元祭
  各地区で伝統宮座神事が行われます。円明寺座を中心とする右座が鬼除け弓神事を行います。
2月16日(日) 観音寺(山崎聖天) 粕汁お接待
  2月14日と15日に行われる厳冬祭のお供えを使った粕汁の接待が行われます。
2月24日(月・振休)、2月29日(土) 大山崎ふるさとセンター 大山崎ふるさとガイドの会 2020歴史講演会
第1回「近世の淀川水運と地域社会」
 ◆開催日時:2月24日(月・振休) 13:30~
 ◆講師:片山 正彦氏(枚方宿鍵屋資料館学芸員)
第2回「近江南部の戦国大名 六角氏について」
 ◆開催日時:2月29日(土)13:30~
 ◆講師:新谷 和之氏(近畿大学文芸学部専任講師)
  第2回講演会は中止になりました。
いずれも
 ◆開催場所:ふるさとセンター3階ホール
 ◆参加費:無料
 ◆事前申込み:不要
 ◆問い合わせ:大山崎ふるさとガイドの会
        (大山崎町歴史資料館内 TEL:075-952-6288)
 
   




3月 芭蕉句碑
その門前の
土筆かな
マンリョウ
3月8日(日)まで アサヒビール大山崎山荘美術館 「清宮質文展 -限りなく深い澄んだ空気」
 清宮質文は画家、版画家の清宮彬の長男として東京に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で油彩画を学びます。卒業後、美術教師や商業デザイン会社勤務を経て、1953年ころから画業に専念するようになり、以降、本格的に版画やガラス絵を制作しました。その静謐で詩情に満ちた画風は高く評価され、今でも多くの人々を魅了してやみません。
 本展は関西ではじめて、その画業の全貌を紹介する貴重な機会となります。版画家として広く知られる清宮ですが、ガラス絵の作品にも焦点をあて、心の奥底へ深くしみ渡っていくような清宮質文の芸術の魅力を紹介しています。
 会期中、前後期で展示替えが行われます。前期:12月14日(土) ~ 1月26日(日)、後期:1月28日(火) ~ 3月8日(日)  
夕日と猫        雨の時間


清宮質文 《夕日と猫》
1979年 木版画
茨城県近代美術館 照沼コレクション 【後期展示】

      


清宮質文 《雨の時間》
1973年 ガラス絵
個人蔵 【通期展示】


 新型肺炎感染拡大防止の観点から2月22日(土)より
当面の間、臨時休館しています。


  リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した期間限定の特製スイーツが2階喫茶室で楽しめます。
  詳細はアサヒビール大山崎山荘美術館のホームページをご覧ください。

 (注)本文・画像はアサヒビール大山崎山荘美術館のpress releaseなどから抜粋
  Copyright © ASAHI BEER OYAMAZAKI VILLA MUSEUM All rights reserved.
3月7日(土) 宝積寺 写経と散策
  宝積寺にて写経(般若心経または理趣経(百字の偈))を行っていただいた後、約1~2時間の散策をお楽しみ下さい。事前申し込みが必要です。
  

  ◆開催日時:3月7日(土) 午前10時~午後3時30分頃
  ◆募集人員:先着50名
  ◆参加料:1,000円(納経料など)
 ◆受付期間:2月29日(土)まで
 ◆写経後の散策
   Aコース:宝積寺→天王山山頂→アサヒビール大山崎山荘美術館
               (庭園のみ)→JR山崎駅
   Bコース:宝積寺→アサヒビール大山崎山荘美術館(庭園のみ)→
               観音寺→JR山崎駅
 ◆問い合わせ:大山崎町歴史資料館内 大山崎ふるさとガイドの会
              TEL:075-952-6288
        写経と散策は中止になりました。

 
3月28日(土) 大山崎町桂川沿い 水辺の散策
  大山崎町は桂川・宇治川・木津川の3つの川が淀川になる三川合流の町です。
  サクラが咲いている桂川に沿って歩きながら、昔の渡し跡や史跡をご案内します。最後はサントリー京都ブルワリーで工場見学と試飲を行います。   

  ◆開催日時:3月28日(土) 午前9時15分~午後3時30分頃
  ◆募集定員:なし。ただし、工場の見学試飲は先着180名
  ◆参加料:300円(歴史資料館入館料・傷害保険料及び資料代)
 ◆受付期間:3月21日(土)<消印>まで
 ◆コース:大山崎町歴史資料館~山崎の渡し跡~桂川早瀬~
         狐の渡し跡~淀川河川公園(残念石)~光秀本陣跡~
         サントリー京都ブルワリー
 ◆問い合わせ:大山崎町歴史資料館内 大山崎ふるさとガイドの会
              TEL:075-952-6288
申し込み方法など詳細はここをご覧ください。